このウェブサイトはCookieを使用してい詳細情報メッセージを隠す

健康と福祉

私たちは、リフレッシュするために外に出て、新鮮な空気を吸うことがあります。

Health&Wellbeing_Image


しかし、人がほとんどの時間を過ごすのはやはり室内であり、その割合は90%に達します。目に見えない細かいほこりを吸い込むこともあり、ペンキ類、塩化ビニル、プラスチックなどから揮発性の有機化合物が出ていることもあります。そこで、どうしたら人の生活に適したカーペットが作れるのかを考えています。
どうしたらリフレッシュできる室内空間が作れるのでしょうか。

創造力、機能性、「ゆりかごからゆりかごまで(Cradle to Cradle®)」の設計という革新の柱により、当社は室内にいる人の健康と福祉を改善できるカーペットを作り出すことができました。

創造力によって、お客様が望む環境を作り出す最適な色、風合い、デザインを兼ね備えたカーペットが完成しました。気分を盛り上げる環境も物静かな環境も生み出すことができます。服装が人を変えるのと同じ力をカーペットは持っています。そして、室内環境のその他の部分と共にお客様が望む空間を作り出します。人の心の状態にはデザインが大きな影響を及ぼすと私たちは考えます。健康や体調にも影響があるでしょう。機能性により、私たちは真の意味での実用的価値を高める製品を作ります。例えば、室内の細かいほこりを減らす製品や騒音を消し去る製品があり、そのほか多数の製品が当社の革新によって生み出されてきました。Cradle to Cradle®の設計により、当社は材料とデザインを新たな段階に高めています。製品は一層健康効果を高め、材料はリサイクルされ、環境維持に貢献します。

  • このページを共有
  • twitter
  • linkedin
  • facebook
  • email