コアバリュー

当社は、職場の多様性を誇りとしています。多様性は様々な形でビジネスを豊かにしますが、国際的な企業であれば、全体を束ねるものも必要です。

当社の場合、それは6つのコアバリュー(中心的価値観)であり、それが会社全体を結びつけています。

コアバリュー


これらが当社の道しるべとして、長期戦略と目標に向けての道筋を明確にしています。これらは常に日常の業務と意思決定の一部です。これらの価値観が同業他社と異なる当社の独自性であると、私たちは考えています。コアバリューは、私たちの誇りです。

1. お客様重視

私たちは、お客様のニーズに対して100%努力いたします。お客様にはリピーターとなっていただき、身の回りで当社をご推薦いただけることを願っています。「The Floor is Yours(床はお客様のもの)」というブランド・メッセージはこの姿勢を明確にするものであり、私たちは常にお客様の希望を中心に考えて行動し、その姿勢は一分一秒たりとも変わることはありません。

お客様重視の姿勢を維持するため、私たちは日々次のことを心がけています。

  • 「クラス最高」のサプライチェーンを持つこと。
  • 製品、ソリューション、サービスの質で一切妥協しないこと。
  • 対象市場を調査して徹底的に理解すること。
  • 当社独自のCircles of Architects®(建築関係者サークル)プラットフォームを通じてトップクラスの建築家やデザイナーと協力し、新たなアイデアを生み出すこと。
  • お客様と協力して相互のためになる長期的なパートナー関係を作ること。
  • ビジネス上の決定がお客様に及ぼす影響を理解すること。
  • 約束を果たすこと。

2. 普通の感覚

目標の達成にはシンプルで素早い方法がベストです。従業員には、自分の意見に基づく普通の感覚を働かせて成果を上げることを奨励しています。これはつまり短時間で成果を上げられる最良の解決策とアイデアを見つけることであり、私たちは従業員の豊かな経験と知識を頼りにしています。「持っているものをきちんと生かす」ことが大切なのです。

3. 健全性

私たちは、信頼を優れたビジネスに必須の条件と考えています。健全性が私たちのコアバリューの1つとなっているのは、それが理由です。同僚、お客様、あらゆる関係者に対して常にオープンであり、正直であり、敬意を払います。

4. 起業家精神と意欲

私たちは、決して現在の地位に安住しません。厳しいビジネス環境を乗り越え、変化の速い世界の中で常に適応していかなければなりません。お客様のニーズに常に対応し、新たな市場での機会を見つけなければなりません。起業家精神とは、順応性が高く、リスクを取り、成功に向けて貪欲であることです。起業家は、新たな機会の発見と人材の開発に優れています。Dessoでは、誰もが起業家精神を伸ばすことができると考えています。起業家精神がコアバリューの1つとなっているのは、それが理由です。私たちにはさらに意欲という価値観もあり、従業員には最高のアイデアを追求して実現してほしいと願っています。

5. 責任感と権限付与

従業員のやる気を引き出す最高の方法は従業員が正しい決定をできると信頼することであり、私たちはこれを責任感と権限付与と呼んでいます。それはつまり、Dessoの従業員一人ひとりが最高の結果の達成、自己の能力の活用と強化、同僚との協調・協力、新たなアイデアと解決策の構築、組織全体の活力や創造性への貢献に責任を持つということです。

6. 企業の社会的責任とCradle to Cradle®

企業の社会的責任は、私たちにとって多くの意味を持ちます。これは、人、利益、地球に対する責任を包括するものです。創造力、機能性、「ゆりかごからゆりかごまで(Cradle to Cradle®)」の設計への注力により、私たちは新たなビジネスモデルを生み出しています。これは、お客様、関係者、社会、そしてこの地球に依存して健康、豊かさ、幸福を維持することになる次の世代に価値を届けるものです。

私たちは日々、次のように企業の社会的責任を実行に移しています。

  • 営業する国の文化、慣習、ルールを尊重する。
  • あらゆる関係者とオープンで誠実な意思疎通を図る。
  • 自分の意見を表明する勇気を持つ。
  • 自分の行動に自分で責任を持つ。
  • 自分の能力の限界まで誠意を持って義務を果たす。
  • Cradle to Cradle®の達成に向けての進捗状況を報告する。

Cradle to Cradle®(ゆりかごからゆりかごまで)のビジョン: 2008年以来、私たちは、2020年までにすべての製品をCradle to Cradle®の設計原則に沿うものにする努力を続けています。自然の連続的なサイクルに倣ったこのコンセプトは、材料の使用と製品の設計を環境と人間の健康に好ましい形で行うことを企業に求めるものです。

  • このページを共有
  • twitter
  • linkedin
  • facebook
  • email